大人用紙おむつメーカー

東陽特使株式会社

会社案内

ごあいさつ

清流 仁淀川のもとで昭和40年から生理用ナプキンや紙おむつの材料になる衛生材料紙を製造してまいりました東陽特紙は、現在では大人用紙おむつの製造に特化いたしております。
直接、肌にあたる衛生材料紙の製造で永年培ってきた品質に対する厳しい姿勢は現在も東陽特紙の社風となっております。
大人用紙おむつの製造においても良い品質を、そして何よりお客様に満足していただける製品を造ることを第一と考えております。
東陽特紙の自社ブランドであるマーヤの製品は一般の店頭での販売と、使用する方の直接のご意見が届く病院や施設への販売をいたしております。
又、PB商品やOEM製品の生産体制も整っております。
独自の技術開発で常に進化する市場の要望に応え使用する方の視点に適った製品造りに今後とも社員と共に より一層励んでまいります。

代表取締役社長 森木 穂高


会社概要

社名 東陽特紙株式会社
所在地
本社・いの工場
高知県吾川郡いの町幸町112番地1
TEL.088-892-0058 FAX.088-893-4808
E-Mail:ga-ty@ninus.ocn.ne.jp

日高工場
高知県高岡郡日高村沖名伊保3521-11
TEL.0889-24-7825 FAX.0889-24-7825
設立 昭和40年9月
代表者 代表取締役社長 森木 穂高
資本金 1000万円
生産品目 大人用紙おむつ各種、ポリマーシート
設備 大人用紙おむつ加工機、ポリマーシート加工機
社員数 60名
取引銀行 百十四銀行(伊野支店)、四国銀行(伊野支店)
本社

本社・いの工場 マップ

高知龍馬空港から車で約1時間、JR高知駅から車で30分、いのインターから車で10分

日高工場・日高工場 マップ

日高工場

高知龍馬空港から車で約1時間15分、JR高知駅から車で45分、いのインターから車で25分

製品

失禁パッド

パンツ用サブパッド(失禁パッド)
17.5×36 (砂時計型)

尿パッド

尿パッド(男女兼用)
21×48㎝ (テープとレッグギャザー)
尿パッド(男女兼用・長時間用)
21×48㎝ (テープと立体ギャザー)

大型パッド

大型尿パッドS
30×52(羽子板型)
大型尿パッドMS
30×57(砂時計型)
大型尿パッドM
32×63(特大砂時計型)
大型尿パッドL
38×71(超特大砂時計型)
加工設備
計数包装機

フラットタイプ

綿状フラットタイプ
30×72
綿状フラットタイプ
33×75
砂時計型フラットタイプ
52×88

ポリマーシート

ポリマーシート1号機
MAX 36×長さ1000m
(約14kg~約22kg)
ポリマーシート2号機
MAX 51×長さ1000m
(約25kg~約38kg)
断面図


沿 革

昭和40年09月
東陽特紙株式会社(吾川郡いの町幸町112番地1)を設立。
1号抄紙機を設置し、衛生材料の原紙製造を開始。
昭和44年06月
資本金1000万円に増資、2号抄紙機を設置。
昭和45年03月
加工部門を設け、ベビー用紙おむつの加工機を設置し、製造を開始。
昭和47年10月
大人用紙おむつの加工機を設置して製造を開始。
昭和55年03月
大人用紙おむつの加工機を増設。
昭和59年02月
ペットシーツの加工機を設置し、ペットシーツの製造を開始。
昭和60年09月
ポリマーシートの製造開始。
昭和60年11月
大人用の紙おむつの加工機を増設。
昭和62年12月
ペットシーツの加工機を増設。
平成01年04月
本社新社屋落成。
平成01年11月
大人用紙おむつ加工機を増設。
平成09年04月
日高工場を建設し、尿失禁パットの製造ラインを設置。
平成14年09月
いの工場に、大人用紙おむつ製造ライン(フラットタイプ・コンパクト包装)を設置。
平成16年07月
いの工場に、ペット用ナプキンの加工機を設置。
平成17年05月
日高工場に大型パッド製造ラインを設置。
平成20年08月
日高工場 大型パッド 新サイズ、MSの設備を追加。
平成22年03月
日高工場 西側に生産棟を建設。
平成23年01月
日高工場 北側に工場用地を収得
平成26年01月
日高第3工場を建設

組織図